ファクタリングの仕組みとは

ファクタリングは、企業などが保有している売掛金をファクタリング会社が企業などに対して償還請求権なしで買取りするというものです。


売掛金は定められた期日までに代金を支払ってもらえる権利ですが、この場合にはすぐに現金化できないデメリットがあります。
資金量が潤沢な企業であればさほど問題にはなりませんが、資金量が少ない企業の場合には売掛金が大きくなると事業を進める上での障害となります。

特に手元に現金がなくなることで資金繰りが厳しくなるケースもあります。

お勧めのファクタリングの専門技術を身につけましょう。

これらを解消するにはいくつかの方法がありますが、そのひとつがファクタリングになります。

本当に役に立つAmeba Newsならこちらが人気です。

ファクタリングの仕組みとしては受け取る側の企業がファクタリング事業者と契約を結ぶことになります。

このさいには売掛金を出す取引先企業にも契約したことを了承してもらう必要がありますが、手数料などは売掛金を買取ってもらえる方が負担することになるので、取引先企業にはデメリットはありません。

契約を結べば、通常通り売掛金による商品やサービスの提供を行います。



このさいに請求金額を確認などの手続きを経て早期売掛金の支払いを受けることができます。
手数料に関しては、取引先の企業の信用度や取り扱う業者によって異なってきますが、10%から20%といわれていますが信用力の高い企業であれば5%程度で売掛金の早期支払いを受けることができます。

また債権譲渡登記を行う必要があり、この場合には1件あたり7万から9万円ほどの費用が必要になります。