国際取引にファクタリングを利用する

最近では資金調達の為にファクタリングを利用する企業が増えています。

債権回収の期日を待たずに現金を手にすることが出来ますし、債券回収不能となってしまうリスクも抑えることが出来ます。



日本国内においてもファクタリングは便利なサービスですが、海外の企業との取引においては更に利便性が増します。

海外の企業との取引においては手続きの煩雑さや費用の負担など様々な不便な点が発生します。


また売掛債権の回収不能となるリスクもありますので、国際取引においてはファクタリングは非常にメリットの大きなサービスとなります。

日本のファクタリング会社が海外の企業の信用力を調査することは容易ではありませんので、世界各国のファクタリング会社が連携して巨大なネットワークを作り上げており、日本の金融機関もそのネットワークに加わっております。



サービスを利用する上で認識しておくこととしては、売掛債権回収の保証はあくまでも売掛先企業の経営状態が悪化したなどの理由で売掛金が支払われない場合に限りますので、製品の欠陥などのクレームによる支払い拒否や、カントリーリスクなどによる未払いなどに対しては保証されません。
また手数料に関しては債権者側の輸出企業が負担することになります。

信用調査費は1万円程度で、保証料は1ヶ月につき請求金額の0.2%から0.7%が相場となっております。
サービスを利用するには売買契約を締結する前に、輸入企業に対してサービス利用に関して承諾を得る必要があります。