ファクタリングのメリットとデメリットについて

ファクタリングは売掛債権を早期に現金化することが出来るため、サービスを利用する企業が増えて来ています。


また早期に現金化出来ること以外にもいくつかのメリットがあります。
ひとつにはノンリコースによる売買ですので、仮に売掛先企業が債権の回収前に倒産してしまったとしても依頼企業に債権額を負担する必要がありません。ですので、早期に現金化したと言っても支払期日まで売掛先企業が支払い不能の陥るリスクに対して心配する必要がありません。

ビジネス視点でファクタリング情報の豊富さで有名なサイトです。

またファクタリング会社の信用調査機能を活用することも可能です。



新規の取引先企業に対しての与信管理を行ってくれることも大きなメリットとなります。

一方、デメリットとなる点やサービスを活用する上で注意しなければいけないこともあります。

ファクタリングを活用する際には、債権譲渡をすることを取引先企業に承諾してもらう必要があります。


また債権譲渡登記を行う必要がある場合もありますので、手間や登記費用がかかることもあります。

NAVERまとめ情報を検索しましょう。

ファクタリングは一般的に3社間で行うのですが、2社で取引を行うことが可能なサービスもあります。

2社間での取引ですので3社間取引よりもスピーディーになるメリットがありますが、手数料率は3社間取引のケースよりも高くなってしまいます。このようにファクタリングにはメリットもデメリットもあります。
しかし依頼企業にとっては債権の回収不能のリスクが無くなる事と早期に現金化出来ることは、非常に大きなメリットとなりますので、デメリットが許容出来る範囲でしたら活用することを検討しても良いです。